これまでのフォーラム

フォーラム案内

第15回日本社会福祉学会フォーラム

第15回 軋む社会とセーフティネット―転げ落ちない社会の構築を目指して 開催要項

日時:
2019年3月9日(土) 13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
北星学園大学 C500教室(C館5階)
(北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1)
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会、北海道地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(2月12日(火)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)

【基調講演】

社会を支え、社会によって支えられる地方福祉財政【PDF
講師:高端正幸(埼玉大学大学院准教授)

【シンポジウム 「北海道発! 転げ落ちない社会を創る!」】

財政破綻と再生の立場から
一人の困りごとは地域の困りごと【PDF
安斉尚朋(一般社団法人らぷらす代表理事)

農福連携、中間的就労の立場から
自立支援とかけがえのない私という実存の獲得【PDF
櫛部武俊(一般社団法人釧路社会的企業創造協議会副代表)

外国人労働者の受入等の立場から
排除ZEROキャンペーン(Share the Journey)
~国籍を超えて人々が出会うために~【PDF
西 千津(カトリック札幌司教区難民移住移動者委員会専従スタッフ)


第14回日本社会福祉学会フォーラム

第14回 サービスの質の向上と福祉経営―市場化における社会福祉の独自性を問う― 開催要項

日時:
2017年12月9日(土)13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
アクロス福岡 7階 大会議室
(福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号 TEL:092-725-9111)
交通アクセス:
地下鉄空港線天神駅から徒歩5分(16番出口から、アクロス福岡地下2階へ直接入館できます。)
※駐車スペース(有料)に限りがあるため、なるべく公共交通機関でお越しください。
詳細は、次のURLよりご確認できます。
http://www.acros.or.jp/access/
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会/一般社団法人日本社会福祉学会九州地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(11月20日(月)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)

【基調講演】
地域共生社会の実現にむけて社会福祉法人に期待されること 【PDF
  講師:渋谷篤男 (全国社会福祉協議会常務理事)

【シンポジウム 「高齢者福祉サービスの質の向上と福祉経営」】
利用者・家族の立場から―苦情解決業務を通して―【PDF
倉田康路(西南学院大学教授)

ソーシャルワーカーの立場から
―養介護施設従事者等による高齢者虐待の防止・不適切ケアの改善をめざして― 【PDF
稲吉江美(福岡県社会福祉士会副会長)

経営者の立場から
―市場化における社会福祉の独自性を問う― 【PDF
平田直之(社会福祉法人慈愛会常務理事)

第三者委員の立場から
―第三者評価制度導入の経緯と今後の課題― 【PDF
鬼﨑信好(久留米大学教授)


第13回日本社会福祉学会フォーラム終了

第13回 児童福祉法改正で何が変わるか-社会福祉実践がすべきこと- 開催要項

日時:
2017年3月26日(日)13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
おかやま西川原プラザ 大会議室A
岡山市中区西川原255
交通アクセス:
JR山陽本線「西川原駅」下車徒歩1分(駅の表示や案内が「西川原・就実」となっていることがあります)
宇野バス 西川原(天下一品前)停留所 徒歩5分
詳細は、次のURLよりご確認できます。
http://www.okakyoikukai.or.jp/modules/access/index.php?content_id=2
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会/一般社団法人日本社会福祉学会中国・四国地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(3月13日(月)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum@bunken.co.jp

【基調講演】
児童福祉法改正で何が変わるか
 児童福祉法改正と研究・現場実践の課題 【PDF
  講師:松原康雄 (明治学院大学)

【シンポジウム 「児童を取り巻く課題と社会福祉実践の役割」】 子どもや子育て家庭を取り巻く課題とこれからの子育ち・子育て支援
~「こどもの里」(無認可児童館)の実践から見えてくるもの~ 【PDF
八重樫牧子(福山市立大学)

児童福祉法の改正に期待する
-SSWの現場から- 【PDF(1)/PDF(2)
富島喜揮(四国学院大学)

活用できる専門職とその役割について 【PDF
中田憲悟(はばたき法律事務所)


第12回日本社会福祉学会フォーラム終了

※2015年度のフォーラム申込から、webにて事前参加申込を受け付けます。 第12回 当事者主体の障害者地域生活支援を問う 開催要項

日時:
2016年3月6日(日) 13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
大阪人間科学大学庄屋学舎B号館OHSホール
交通アクセス:
阪急電鉄京都線「正雀」から徒歩5分
JR京都線「岸辺」から徒歩10分
詳細は、次のURLよりご確認できます。
http://www.ohs.ac.jp/access/
*阪急電鉄京都線「正雀」からのルートの方が、車椅子をご利用の方などの場合、交通量の関係等から安全と思われます。
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会/一般社団法人日本社会福祉学会関西地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(2月22日(月)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum@bunken.co.jp

【基調講演】
当事者主体の地域生活を築くために ~障害者権利条約批准後に何が求められるか~
(当日配布資料) 
講師:石渡和実 (東洋英和女学院大学)

【シンポジウム 「障害者の地域生活支援の“いま”と“これから”」】
玉木幸則
(社会福祉法人西宮市社会福祉協議会障害者総合相談支援センターにしのみや)
-当事者の立場から

上田晴男
全国権利擁護支援ネットワーク)
-支援者の立場から

小山聡子
(日本女子大学)
-研究者の立場から


第11回日本社会福祉学会フォーラム終了

第11回地域包括ケアシステムの構築に向けた論点 開催要項(PDF)

日時:
2015年2月8日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
場所:
金城学院大学

【基調講演】
地域包括ケアシステムの理解・研究・構築にむけての論点-医療経済・政策学の視点から
1.地域包括ケアシステムのさまざまな源流を正確に理解する
講師:二木 立(日本福祉大学)

【シンポジウム 「地域包括ケアシステムの課題-現場から報告」】
市民とともに進める地域福祉のシステム形成
竹内武(茅野市健康福祉部)

半田市における地域包括ケアシステムのプロセス
~岩滑区「防災から安住のまちづくり事業」を通して~


澤田道(半田市包括支援センター)
地域包括ケアシステムの課題~現場からの報告~
髙橋健輔(名古屋市瑞穂区西部いきいき支援センター)