学会ニュース

No.87

2021年7月19日発行

学会ニュース87号 全文一括ダウンロード<766KB>

巻頭言

一般社団法人日本社会福祉学会 副会長 湯澤 直美(立教大学)
 地震・台風・豪雨をはじめとする自然災害が多発する現代社会に、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的大流行(パンデミック)が襲い、グローバルな危機がもたらされてから、まもなく1年半を迎えようとしています。COVID-19はいのちを直撃し、さらに、暮らし、雇用、経済をはじめ、社会のあらゆる側面に甚大な影響を与えており、「コロナ禍」と称される事態が現在も続いています。そのような惨禍のなかで、さらに自然災害が多発する現代社会は、あらゆる地域が多重的な被災地となりうる現実を突きつけています。さらに、日本各地に思いを馳せると、放射能汚染により「被爆の森」と称されるようになった大地、進行を妨げられる戦死者の遺骨収集をはじめとして、この大地にいかに生態系や人々の魂が刻印されているのか、考えさせられます。

続きを読む

日本社会福祉学会第69回秋季大会開催のご案内

実行委員長 都築 光一(東北福祉大学)

2021年度一般社団法人日本社会福祉学会定時社員総会報告

第7期総務担当理事 木下 武徳(立教大学)

一般社団法人日本社会福祉学会第69回春季大会報告

全国大会運営委員春季大会担当理事 岡田 進一(大阪市立大学大学院)

地域ブロック情報

関東地域ブロック 担当理事 荒井 浩道(駒澤大学)
中部地域ブロック 担当理事 谷口 由希子(名古屋市立大学)
 本学会には7つの地域ブロックがあり、それぞれに特徴的な活動が展開されています。今号は、関東地域ブロックと中部地域ブロックをとりあげます。

シリーズ【クローズアップ・これからの社会福祉学に期待すること】第3回

秋山 智久 名誉会員
 シリーズ企画「これからの社会福祉学に期待すること」では、日本社会福祉学会の理事を長く務めてこられた方々に、社会福祉学の今後のあり方、若手研究者へメッセージ、学会のあり方に関する示唆などをご執筆していただきます。
 第3回目の今号では、「心を痛め、謙虚に学び、真剣に怒る-そして福祉哲学の構築を-」とのタイトルで、秋山 智久 名誉会員にご執筆いただきました。ぜひご覧ください。

歩み始めた研究支援委員会

研究支援委員会委員長 保正 友子(日本福祉大学)

日本社会福祉系学会連合 2021年度総会報告会

日本社会福祉系学会連合 会長 湯澤 直美(立教大学)

理事会報告

2020年度 第6回 理事会報告

新入会員紹介

Twitter学会公式アカウント開設のご案内

広報委員会委員長 伊藤 嘉余子

事務局から編集後記

過去の学会ニュース