日本社会福祉学会 第68回秋季大会

作成要領

1.要旨集掲載原稿
(口頭発表・特定課題セッション・E-ポスター発表)

■要旨集掲載原稿の様式

 要旨集掲載原稿様式は、原稿テンプレート(Wordファイル)をダウンロードして、ご自身のパソコンに取り込んでください。そのWord形式のまま原稿を作成(上書き)して、pdf加工した後、オンラインで申込みをしてください。ファイルの容量は、3メガバイト以下とします。

  • ○用紙サイズ・枚数は、1発表につき、A4版2ページの横書きです。厳守してください。2ページに満たないものは、受け付けられません。
  • ○本冊子の「研究発表 原稿様式」のとおり作成してください。
  • ○余白を、上下左右 各25mmあけてください。
  • ○E-ポスター発表の応募者の方は、本冊子に掲示する様式のとおり、「表題・発表者欄」の最上段左端に【ポスター発表】(9ポイント明朝)と記入してください。
    E-ポスター発表の応募者以外の方は、原稿テンプレートの【ポスター発表】(9ポイント明朝)は、削除してください。
  • ○原稿には、ページ番号、ヘッダなどの挿入は、決して行わないでください。なお、原稿テンプレートにすでにあるヘッダ『日本社会福祉学会 第69回秋季大会』は、消さないでください。

■要旨集掲載原稿に記述する事項

  • ○本冊子の「研究発表原稿様式」のとおり、[テーマ、発表者全員の氏名・所属・会員番号(筆頭発表者には○を付ける)、キーワード3つ]を「上部の枠内」に明記してください。
  • ○本文の項目は、[研究目的、研究の視点および方法、倫理的配慮、研究結果、考察]の5つにしてください。
  • ○事例等の記述にあたっては、プライバシーの保護、関係者の承諾等、本冊子に掲載している学会の「研究倫理規程」に従ってください。人名、地名、職場名、学校名等の固有名詞は使用せず、A県、B市、Cさん、D施設などと表記し、実際のイニシャルは使用しないでください。
  • ○調査を伴わない文献研究の場合でも、すべての要旨には、必ず本冊子に掲載している学会の「研究倫理規程」で確認して、配慮の内容(日本社会福祉学会の「研究倫理規程」に基づき配慮したこと)を記載してください。記載が不十分な場合や記述がない場合、採択されないことがあります。
  • ○発表申し込みチェックリストを使用して、必要事項に漏れがないことを十分確認して下さい。

■要旨集掲載原稿の採択・不採択について

 投稿された原稿の採択・不採択は、原稿の様式および本学会「研究倫理規程」等に照らして、実行委員会が「発表可」、「修正の上発表可」、「発表不可」のいずれかで判断します。結果は、6月中旬ごろに、発表申込者へ電子メールにて通知します。
 「修正の上発表可」と判断された原稿は、期限内に修正して再提出を行っていただきます。なお、修正にあたり、実行委員会から指摘された場合を除き、タイトル、共著者の変更は認められません。

2.口頭発表、特定課題セッションの当日発表用原稿

■発表用原稿の様式

 口頭発表、特定課題セッションの発表は、Zoomミーティングを使用したオンラインで行います。従来の当日配布資料の配布は行いません。発表には、パワーポイント等の画面共有を行うことができます。ただし、動画を使った発表は、視聴者のネット回線への負担が高いため、認められませんので、ご注意ください。
 視聴者はPC画面等で見ることになりますので、その条件でよく分かるように、文字の大きさなどに配慮して作成して下さい。
 また、発表用原稿について様式は指定しませんが、要旨集掲載原稿の表題の角の中すべて(20頁)を必ず記載ください。倫理的配慮についても、記載してください。

3.ポスター発表のE-ポスター原稿

■E-ポスター原稿の様式

 E-ポスターの原稿について、以下に留意してください。

  • E-ポスター原稿はPDFで作成して、8月9日(月)の9:00までにインターネットによるオンラインシステムにて、投稿してください。
  • E-ポスターの原稿には、「2.研究の視点および方法」または「5.考察」で、先行研究をどのように検討したのか言及してください。先行研究検討の記載がないものは「発表不可」とします。
  • 「3.倫理的配慮」についても、必ず記載してください。
  • サイズをA4版、枚数は7枚以上10枚以内とします。が、枚数が少なくなりすぎないようにしてください。また、原稿は、ホームページ上で閲覧可能なように文字の大きさなどに配慮してください。
  • 提出するE-ポスター原稿は、1ファイルとしてください。複数のファイルの投稿はできません。また、ファイルの容量は、3メガバイト以下とします。
  • 提出していただいたPDFは、大会開催後にオンライン大会ページに掲載いたします。

4.研究倫理

■要旨集掲載原稿・発表用原稿・E—ポスター原稿の研究倫理について

 要旨集掲載原稿(掲載原稿)の様式が指定したものと違う場合、研究倫理の点から発表にそぐわないと実行委員会が判断した場合は受理いたしません。本冊子の掲載原稿の様式、および本学会「研究倫理規程」、同「研究倫理規程にもとづく研究ガイドライン」、同「『社会福祉学』への投稿論文における研究倫理に関する記述について」、同「学会発表に関する注意事項」に照らして(以下、本学会「研究倫理規程」等)を十分確認の上、原稿を作成してください。当日の配布資料についても、「研究倫理規程」を確認し、作成してください。
 また、原稿作成時には、発表申し込みチェックリストを使用して、必要事項に漏れがないことを十分確認して下さい。
 倫理的配慮は、要旨集・E-ポスター発表原稿に必須記載事項です。倫理的配慮は、研究倫理も含めた内容となります。歴史研究や文献研究等で、倫理に関わる審査を受けない研究においても、(自己)剽窃や多重投稿などの倫理問題への配慮が必要です。所属機関の倫理審査を受けた場合は、明記してください。また倫理審査委員会の審査を受けていない場合は、「一般社団法人日本社会福祉学会研究倫理規程等にのっとり、研究を実施している」(文例)などの記載をお願います。

発表申し込みチェックリスト

 下記の項目を全て確認し、不備がなければ、システムで発表申込を行うときに、各項目左側の□内にチェック済の印を入力してください。なお、投稿した「研究発表の要旨集掲載原稿」については、実行委員会からの修正依頼に基づく、形式等の軽微な修正は認められますが、提出後の研究内容にかかわる変更は認められません。その場合は取り下げ、ないしは、不採択となります。

I 基本事項

  1.  原稿をA4版2ページの横書きで作成しました。
  2.  研究目的、研究の視点および方法、倫理的配慮、研究結果、考察の5項目をすべて記載しました。
  3.  引用の際には、自説と他説を峻別し、原著者名・文献・出版社・出版年・引用個所を明示しました。
  4.  本研究は共同研究であり、「研究発表の要旨集掲載原稿」への投稿内容について、共同研究者の承諾を得ています(「倫理的配慮」にも記載されています)。
     または、共同研究ではないため、承諾の必要はありません。
  5.  本研究は人を対象とする研究であり、所属する研究・教育機関が設置する研究倫理委員会の承認を得ています(「倫理的配慮」にも記載されています)。
     または、所属先に研究倫理委員会が設置されていないため、人を対象とする研究かどうかにかかわらず、「日本社会福祉学会 研究倫理規程」を遵守し、「倫理的配慮」にも記載しています。
  6.  本研究は人を対象とする研究であり、対象者にプライバシーの保護のための説明をおこない、研究結果の公表について同意を得ています(「倫理的配慮」にも記載されています)。
     または、人を対象とする研究ではないが、本項目に抵触しない事を確認しています。
  7.  本研究は人を対象とする研究であり、対象者を特定化できないように匿名化しています(「倫理的配慮」にも記載されています)。
     または、人を対象とする研究ではないが、本項目に抵触しない事を確認しています。
  8.  本研究は人を対象とする研究であり、「研究発表の要旨集掲載原稿」への投稿の時点で、調査は完了しています(この時点で「調査をする予定」や「調査中」「集計・分析中」の場合には、「研究結果」と「考察」に到達していないため、不採択となります)。
     または、人を対象とする研究ではないが、本項目に抵触しない事を確認しています。

要旨集掲載原稿投稿時チェックリスト

 下記の項目を全て確認し、不備がなければ、システムで発表申込を行うときに、各項目左側の□内にチェック済の印を入力してください。
 発表申し込み受付期間中は、修正は何度でも可能ですが、受付期間終了後には、登録内容が間違っていても修正は受け付けません。
 受付期間終了後には、投稿原稿に対して実行委員会からの修正依頼に基づく、形式等の軽微な修正は認められますが、提出後の研究内容にかかわる変更は認められません。
 タイトルの変更、著者の追加・削除、所属の変更などについても、実行委員会からの修正依頼に基づくものでない限り認めません。その場合は取り下げ、ないしは、不採択となります。

  1. 要旨原稿pdfのタイトルと、登録したタイトルに相違はありません。
  2. 要旨原稿pdfの著者について、登録した情報と相違はありません。
  3. 受付期間終了後には、タイトル、著者情報について修正ができないことに同意します。