日本社会福祉学会 第68回秋季大会

留学生と国際比較研究のためのワークショップ【オンデマンド】

9月12日(日) 9:30~12:00

テーマ:
コロナ禍における国際社会福祉研究・教育活動

 コロナ禍において、海外渡航や訪問調査が制限され、国際社会福祉研究の遂行が極めて難しくなっている。一方で、オンライン等を通じたコミュニケーションのあり方が模索され、新たな研究方法も創出されつつある。これまで、国際社会福祉研究を組織・コーディネートした経験をもつ研究者、海外で活動する研究者から、コロナ以前からコロナ禍にいたる国際社会福祉研究・教育の現状と課題について報告いただき、ウィズ・コロナからアフター・コロナを見据えた国際社会福祉研究・教育の可能性を展望する。

<第1部>
【発題者】
金 成垣(東京大学)
松尾加奈(淑徳大学アジア国際社会福祉研究所)
菅野花恵(米国バルドスタ州立大学)
【コーディネーター】
黒田 文(東北福祉大学)
浅野貴博(ルーテル学院大学)
<第2部> ブレークアウトルームによる懇談会

(発題者および国際学術交流促進委員がモデレーターとなり、複数の部屋に分かれて懇談会を実施。参加者数によりルーム数を設定・調整予定)

※敬称略