社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.58-3 目次

論文

子ども虐待対応において不本意な一時保護を体験している保護者との協働関係の構築
―児童相談所職員に対するアンケート調査の分析を通じて―

鈴木 浩之

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.1-13, 2017.

専門職後見人の実践における権利擁護に関する研究
―首長申立てケース受任者へのインタビュー調査から―

日田 剛

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.14-26, 2017.

介護老人福祉施設に勤務する介護職員のワーク・ライフ・バランスの現状および構成要素

橋本 力

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.27-40, 2017.

高齢者の24時間ケアにおける随時対応の意義について
―緊急ニーズから個別の生活リズムの対応へ―

根本 輝

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.41-53, 2017.

実践報告

日本における高齢者デイ修復的正義の対話プログラムの試み
―高齢者虐待を予防する地域つくりにむけて―

梅崎 薫

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.54-67, 2017.

2016年度学界回顧と展望

理論・思想部門

鶴野 隆浩

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.68-79, 2017.

歴史部門

石井 洗二

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.80-91, 2017.

貧困・公的扶助部門

埋橋 孝文

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.92-108, 2017.

子ども家庭福祉部門

松原 康雄

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.109-121, 2017.

障害児・者福祉部門

髙栁 瑞穂

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.122-131, 2017.

高齢者福祉部門

中村 律子

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.132-144, 2017.

地域福祉部門

牧里 毎治,川島 ゆり子

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.145-163, 2017.

保健医療部門

田中 千枝子

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.164-179, 2017.

書評

北島 英治 著
グローバルスタンダードにもとづくソーシャルワーク・プラクティス:価値と理論

児島 亜紀子,Re:北島 英治

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.180-188, 2017.

倉持 史朗 著
監獄のなかの子どもたち:児童福祉史としての特別幼年監,感化教育,そして「携帯乳児」

竹原 幸太,Re:倉持 史朗

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.189-194, 2017.

森田 昭二 著
盲人福祉の歴史:近代日本の先覚者たちの思想と源流

杉野 昭博,Re:森田 昭二

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.195-200, 2017.

川村 匡由 著
防災福祉のまちづくり:公助・自助・互助・共助

北川 慶子,Re:川村 匡由

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, pp.201-206, 2017.

文献紹介

井岡 勉・賀戸 一郎 監修
地域福祉のオルタナティブ:〈いのちの尊厳〉と〈草の根民主主義〉からの再構築

牧里 毎治

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, p.207, 2017.

広井 良典 編著
福祉の哲学とは何か:ポスト成長時代の幸福・価値・社会構想

中村 剛

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, p.208, 2017.

斉藤 くるみ 編著
手話による教養大学の挑戦:ろう者が教え,ろう者が学ぶ

吉田 仁美

『社会福祉学』, Vol.58, No.3, p.209, 2017.

トップに戻る