社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.58-2 目次

論文

子どもの貧困対策における福祉と教育の連携に関する一考察
―生活困窮世帯の子どもの学習支援事業から―

松村 智史

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.1-12,2017.

子ども虐待対応のために連携する援助職の「触発」される志向性
―所属機関に着目した検証―

実方 由佳

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.13-25,2017.

看取り介護加算を算定している特別養護老人ホームの介護職員における
看取り介護を行う上での困難・課題とその対処方法

孔 英珠

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.26-41,2017.

老障介護家庭における知的障害者の自立をめぐり母親が経験するプロセス
―複線径路・等至性モデルによる分析を通して―

福田 真清

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.42-54,2017.

DV被害経験からの「回復」と経験への意味づけ
―当事者インタビューの分析からみえた心的外傷後成長(PTG)―

増井 香名子

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.55-66,2017.

共同募金運動にみる寄付行為の意味づけ
―社会化からファッション化へ―

野口 友紀子

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.67-79,2017.

韓国の社会的企業育成法の成果と課題

呉 世雄

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.80-93,2017.

書評

大島 巌 著
マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム:
エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ~精神保健福祉への適用例から

加山 弾,Re:大島 巌

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.94-100,2017.

新川 泰弘 著
地域子育て支援拠点におけるファミリーソーシャルワークの学びと省察

栗山 直子,Re:新川 泰弘

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.101-105,2017.

高良 麻子 著
日本におけるソーシャルアクションの実践モデル:「制度からの排除」への対処

渡邊 かおり,Re:高良 麻子

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,pp.106-111,2017.

文献紹介

岡部 耕典 編
パーソナルアシスタンス:障害者権利条約時代の新・支援システムへ

田中 耕一郎

『社会福祉学』,Vol.58, No.2,p.112,2017.

トップに戻る