地域ブロック情報 九州


イベント大会告知

日本社会福祉学会九州部会第59回研究大会

テーマ:
地方における福祉課題の構造と方向性 ~ 沖縄社会の現状と課題を通して考える ~
主 旨:
地方の社会福祉をめぐる状況は、それぞれの地理や地勢、歴史や文化、産業など、多面的な要因により、それぞれの特徴と構造を有している。本大会では、特に沖縄社会における状況をもとに、地方における福祉問題の構造や特徴、及びその方向性について考察し、新たな取り組みのきっかけとすることを目的とする。
期 日:
第1日目 平成30年6月9日(土)
第2日目 平成30年6月10日(日)
会 場:
沖縄国際大学キャンパス (住所:〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1)
第1日目 7号館(総会・シンポジウム) 厚生会館(情報交換会)
第2日目 3号館(自由研究発表、その他)

※詳細は、日本社会福祉学会九州部会第59回研究大会ホームページをご確認ください。

日本社会福祉学会 九州地域部会 第59回研究大会

機関誌

  1. (名称) 
    本誌は、日本社会福祉学会九州部会の機関紙『九州社会福祉学』と称する。
  2. (目的) 
    本誌は、原則として本会会員の社会福祉研究の発表にあてる。
  3. (資格) 
    本論文集に投稿を希望する者は、共同研究者も含めて、日本社会福祉学会九州部会会員でなければならない。
  4. (発行)
    本誌は、原則として1年に1回発行するものとする。
  5. (内容)
    本誌に、論文・実践報告・資料解題・調査報告・海外社会福祉研究・書評・学会情報などの各欄を設ける。
  6. (編集)
    本誌の編集は、機関誌編集委員会(以下、「委員会」)が行う。
  7. (委員会の役割)
    原稿の掲載は、委員会の決定による。
  8. (執筆要領)
    原稿は、所定の執筆要領に従う。
  9. (投稿規定)
    投稿論文掲載が可となった場合、別刷り30部の費用として10,000円を徴収する。
  10. (事務局)
    編集事務局は、日本社会福祉学会九州部会事務局(福岡県立大学本郷秀和研究室)におく。
附則
この規定は2010年4月1日より施行する。
2017年5月21日一部改正

事業計画

日本社会福祉学会 九州地域ブロック 2017度事業計画

1.事業計画名

1)機関誌『九州社会福祉学』第14号の刊行
2)「日本社会福祉学会九州部会研究大会」第58回の開催
3)運営委員会の開催

2.上記計画事業の具体的計画項目・目標と実施に向けた方法

1) 2017年度の計画項目・実施目標・方法
  • ①機関誌『九州社会福祉学』第14号の刊行に向けて
    投稿要項・編集規程の周知(機関誌第11号による)
    投稿締切 2017年8月31日
    編集委員会による査読者の選任と査読依頼
    査読者による査読
    編集委員会にて査読結果に基づき掲載の可否、掲載区分の決定
    投稿者への通知、校正
    発行、会員への郵送(2018年3月)
  • ②「日本社会福祉学会九州部会研究大会」第58回の開催にむけて
    開催校 九州看護福祉大学(熊本県玉名市)2017年5月20-21日
    日本社会福祉学会九州部会研究大会の今後の開催予定
     2018年度(第59回大会) 沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)※交渉中
  • ③運営委員会の開催
    運営委員5名にて3回実施予定(機関誌編集、研究大会など協議)

2) 2017年度の計画項目の検討または実施部署並びに関連部署
学会の関係委員会の情報を収集しながら、地方委員会九州部会として方針を決定し、実施する。

3) 事業推進経費
2017年度必要予算項目
九州地域ブロック経理担当で計算した予算書を参照。

役員体制

役員
倉田康路、田畑洋一、鬼崎信好、荒木 剛、本郷秀和、江口賀子