日本社会福祉学会 第66回秋季大会

留学生と国際比較研究のためのワークショップ

9月8日(土)10:00~12:00

テーマ:
韓国・中国における社会福祉研究の最新動向と国際比較研究の現状(仮題)
【発題者】

韓国社会福祉学会代表者 1名
中国社会学会社会福祉専門研究委員会代表者 1名

  • 3カ国学術交流「覚書」により、今年度は韓国、中国からそれぞれ3名の代表団を秋季大会に招聘する。その代表1名の方から、社会福祉研究の最新動向および各国での国際比較研究の現状や課題について報告していただく。
    また、日本で研究する留学生達や国際比較研究に関心を持つ研究者・大学院生達に対する研究視点、研究に関する情報収集の仕方等への助言も併せてお願いする。
  • 一人30分(通訳時間込み)×2名(60分)
【グループ・ディスカッション】

 ワークショップ後半の1時間は、参加者によるグループ・ディスカッションを行う。発題者への直接の質疑応答を含めて、参加者相互の研究情報交換、助言などの時間とする。